茨城県土浦市でボルボをはじめとする輸入車から国産車までの修理・予防整備を常に考えながら仕事をしている整備工場です
2021-01-15

ホンダ VAMOSのO2センサー交換

ホンダ・バモスのエンジン警告灯が点灯してしまいましたとお仕事をいただいきました。

早速、現車を確認。エンジン警告灯は点灯していますので、G-Scan(診断機)を接続してエラーコードを診てみるとO2センサー不良の故障コード【41-1】を拾っています。この故障コードよりO2センサーの故障が原因で警告灯が点灯したみたいです。

O2センサーを外して単体点検。外したO2センサーをサーキットテスターで調べてみるとO2センサーの回路が断線しています。今回はNTK(日本特殊陶業製)のO2センサーと交換します。予防整備の一環としてコネクターにWAKO’S接点復活剤を使用してコネクタの清掃も行います。

交換後、診断機にてライブデータを確認して故障コードを消去。距離を長めにテスト走行して再点灯しないのでお仕事完了となります。

この度はお仕事を頂き、有難うございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です